LPSについて

小麦から発見された“免疫ビタミン”   

1991年から健康の番人「マクロファージ」を活性化できる物質を、安全面の視点から「普段食べている物の中から探す」という研究と実験を重ねた結果、小麦に共生しているパントエア菌という微生物の一部分の物質を発見しました。

それは糖脂質「LPS(リポポリサッカライド)」と呼ばれる物質で、これを動物に食べさせると、色々な疾患に対して改善効果が見られ、その反面、副作用や毒性などが全く認められず、食用として理想的な免疫活性化物質の発見となったのです。

この物質は「ソマシー」と命名され、自然免疫応用技研(株)の商標登録になっています。

※小麦アレルゲンは含まないため、小麦アレルギーの方でも安心してご使用いただくことができます。


身体へのはたらき

健康維持に重要なマクロファージ※を元気にする!

※体内にいる免疫細胞

マクロファージのはたらき

身体を守る本来の力を引き出す!


お肌へのはたらき

ランゲルハンス細胞※を元気にする!

※肌に存在する免疫細胞

ソマシーが肌に存在する免疫細胞「ランゲルハンス細胞」を活性化することで、肌を若返らせます。ランゲルハンス細胞は、樹状突起を角質層まで伸ばしているため、他の成分では浸透しない深部まで働きかけることができます。

マクロファージのはたらき

ハリ・弾力・潤いと密接な関係

ソマシーは肌のハリ・弾力・潤いの基である、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸と密接な関りがあることが明らかになっています。

肌本来の美しくなる力を引き出す!


お口へのはたらき

口腔内の自然免疫機構をサポート!

口の中には、歯周病菌や虫歯菌(蝕病菌)などを排除する、自然免疫機構が働いています。しかし、その力は、生活習慣の乱れ・ストレス・加齢などで弱まってしまいます。ソマシーは自然免疫機構のサポートをしてくれます!

自然なカタチでお口の健康維持を!


ル・シェール協力機関

自然免疫応用技研株式会社

マクロファージ活性化能試験、LPS・エンドトキシン(糖脂質)関連解析、生化学的検査、免疫関連解析など、様々な解析を行っており、LPSの肌への効果の研究も進めています。


自然免疫制御技術研究組合

LPSのさらなる応用分野を開拓するため、公的プロジェクト研究へ参加し、他大学研究者とも連携した研究開発を行っています。


特定非営利活動法人 環瀬戸内自然免疫ネットワーク(LSIN)

LPSのヒトでの効果実証研究を支援するほか、産官学連携研究会の事務局となっています。


LPS配合商品